5月の売上は4月に比べて微増でした。50万円ぐらいです。
6月は5月より少し減ると思います。

さて、我が社も5月で6期目が終了しました。
5期目に比べて売上は大幅に減少しました(2百万円ほど)。
詳しくは計算していませんが、5百万円台だと思われます。
給料じゃなくて、売上ですからね。これは厳しい数字です。

会社としては2百万円ぐらいの赤字になると思います。
なお、5期目も3百万円ぐらいの赤字でした。
もしかしたら、これで我が社は債務超過になるかもしれません。

7期目は役員報酬をかなり低額にして無理やり会社を黒字化させようと思います。
2期分の累積赤字がすごいので、仮に相当な黒字になっても法人税は最低額で済むはずです。

一方で役員報酬を激下げすると社会保険料や税金が大幅に安くなります。
役員報酬を10万円にすると(今は289,000円)、いろいろ合わせて月5万円ぐらいの支出が減るはずです。今の自分にとってこれは大きい。

現在、売上が40万円程度ないと、会社の貯金と個人の貯金の合計額が減ります。
これが35万円で済むならずいぶんと楽になります。
さらに、副業で月5万円ぐらい稼いでいるので、実質30万円。これならなんとか…。

と言いたいところですが、現状ではそれすら厳しい目標です。
現在月50万円ぐらいの売上がありますが、もって3ヶ月です。
夏が終われば20万円ぐらいになるはずです。
当然、売上回復のための仕事はしていますが、なかなか芽が出ません、見通しが付きません。

7期目の目標ですが、売上年360万円です。昨期よりも大幅に低い額を目標にせざるを得ない情けなさ。
しかし、それすら行かないなら、いよいよ生き方を変えざるを得ません。

7期目は半泣きでスタートです。