9月の売上は8月とくらべて微減でした。この数ヶ月下がりっぱなしです。
残念ながら、10月も減少しそうです。

私の場合、夏向けの商品の取扱が、どうしてもシーズンが終わると売上が下がってしまいます。
別の商品も期待通りには売れないし、苦しい状況はまだまだ続きそうです。
正直、今は会社の存亡の瀬戸際だと思います。
なんとかせねば、なんとかせねば…。

さて、売上の減少により、私の役員報酬もかなり減らしました。

月額289000円(2016年5月まで)→月額514000円(2016年6月から)→月額289000円(2017年6月から)

決算が5月なので毎年6月に役員報酬も改定しています。
今期は前前期の額に戻しました。

役員報酬(給料)が上がったり下がったりすれば、社会保険料もそれに合わせて変動します。

ちょっと細かい話になるので概略だけ書きますが、給料が大きく上がったり下がったりする時は年金事務所へ「月額変更届」を提出しなくてはなりません。

<参考>
月額変更届の提出

今期は給料が大幅に下がったので、社会保険料の額もすぐに下げたかったので、月額変更届を提出しました。

数日して、年金事務所から電話がかかってきて、月額変更届は受理しましたが、1年前の昇給時に月額変更届を出してませんね、と指摘されました。
こちらから用紙を送るので、1年前の月額変更届を遡って提出してください、それにより昨年の社会保険料の額も増加するので差額を請求します、と言われました。

まあ、仕方ないので、言われたとおりにします。
差額の金額はまだ決定していませんが、結構な額になりそうです。

来月かそのまた来月には社会保険料の額が減少すると思いますが、それと相殺されるぐらいになると思います。

それなら今回わざわざ月額変更届を提出しなかったらこんな面倒なことにならなかったのにと、後悔しました。

てか、月額変更届とか面倒なので、そういうのはやめてほしいですね。