syachohasyacho1人株式会社社長になってよかったことですが、サラリーマンの頃と比較すると、まず、人間関係のストレスがないことがあげられます。
今は社長なので上司がいません。あれこれ嫌なことも命令されません。また、1人なので後輩もいません。指導する必要もありません。
また、私の場合、ネットビジネスなので取引先と直接会うことはないので、気を使わなくて済みます。
サラリーマンの頃も、仕事そのものは嫌ではなかったのですが、上司と取引先の人が鬱陶しかったので辞めました。今はそれがないので楽しく仕事が出来てます。

そして、自由な勤務時間。仕事はしますが、何時に開始しても終了してもよく、土日に限らず休みたい日は休日です(実際は仕事をしない日はほとんどありませんが)。

さらに、「代表取締役社長」と印字された名刺を渡す時が気持ちいいですね。この人本当に社長なんだ、みたいな顔で見られるのは気持ちいいです。
私にとって、会社化することは、ほどんどが見栄なので、自己満足という点が大きいかもしれません。社長といっても、ソニーやトヨタの社長みたいに何万人もの従業員の頂点に立つ大社長もいれば、私のように零細企業の社長もいます。しかし、どちらも社長は社長です。

ただし、私の月収はサラリーマンで平社員だった頃の1/2です。金銭的にはカツカツですが、サラリーマンより、そして無職より、今の1人株式会社社長の方が楽しいです。
ただし、学校卒業して、いきなり社長になったらこの喜びはわからなかっただろうな。サラリーマンや無職でつらい目に遭ったからこその喜びだと思います。
<2016年6月追記>
現在は会社員の頃の給料を少し超えるぐらいになっています。一方で、労働時間はあの頃より遥かに少なく、仕事のストレスはあまり感じません。
独身の頃は自由を満喫していましたが、現在は結婚して子供もいるため、労働時間が短くても育児や家事に時間を取られ、あまり自由はありません。
社長と言っても家庭内では底辺です…。