会社定款を認証するには、通常4万円かかります。これを電子定款として認証すればこの費用は不要になります。しかし、電子定款はやっかいで、そのための機材を購入すると4万円を超えてしまいます。会社設立を業者に依頼すると、業者は電子定款の機材をすでに揃えているので問題ありませんが、個人でやるには費用の面から難しいところです。

しかし、この電子定款だけをやってくれる業者も存在します。ネットで「電子定款 代行」とかでキーワード検索してみたらいくつか業者が見つかるはずです。わたしはとある業者に6000円でやってもらいました。

業者HPから会社定款のひな形をダウンロードして、自分の会社の会社定款を作成します。それを業者に送って、さらに印鑑証明書と身分証明書をFAXして、料金を払い込んだら完了です。数日後に書類(委任状と定款をホチキス留めしたものと空のCD)が送られてきて、それを持って指定された日に(自分で希望は出せる)もよりの公証役場に行って認証を受けます。

ところで、公証役場で会社定款の認証を受ける場合、電子定款と通常の定款では持っていく書類が少し異なります。
電子認証だと、委任状と定款をホチキス留めしたもの、空のCD、実印、印鑑証明、現金ですが、
通常の定款では、定款3通、4万円分の収入印紙、実印、印鑑証明、現金です。

手間としては、電子定款と通常の定款では大した違いはないので、3万4千円安い分だけ電子定款の方が得だと思います。

ただし、電子定款を業者に依頼すると、数日かかりますが、通常の認証だとやろうとしたその日にできるので、急ぐ人は通常の認証の方がよいでしょう。

追記:結局、私の場合、電子認証済み会社定款に不備があって、会社設立登記に手こずりました。電子認証はやっぱりややっこしいかもしれません。もっともスムーズに会社を設立するにはやっぱりはじめから代行業者に頼んだほうがいいかも。