脱税はするつもりがありませんが、節税は積極的にして手元に残る金を少しでも多くしたいところです。
零細株式会社にとって最も効果的な節税法は生計を同じくする人にいくらか仕事を手伝ってもらって、その対価として会社から給与を支払うことです。
例えば、私の場合、嫁さん(配偶者)ができたら、私の給料の一部を嫁さん名義で支払ったら、かなり税金が安くなるということです。
今の私の会社の利益は月30万円ぐらいですが、私の給料は25万円ということにしています。すると所得税・住民税と社会保険の負担は以下のとおりになります(簡易計算です。税金の計算は本当はもっと複雑です)。

<現在の負担額>
社長の給与を月額25万円とすると、
健康保険保険料:約2万5千円(年間約30万円)
厚生年金保険料:約4万1千円(年間約49万円)

税金は所得税、住民税、法人税が関わってきます。
所得税は給与所得に控除額を差し引いた額の5%なので、計算してみると、
年間の所得税:約5万7千円

同じく住民税は10%、
年間の住民税:約11万4千円

★年間の社会保険費・税金費用合計=約95万円

嫁さんにいくらか給料を払った場合は以下のとおりです。
<嫁さんに給料を支払った場合の負担額>
社長の給与を19万円
嫁さんの給与を8万5千円(年103万円)とすると、

健康保険保険料:約1万9千円(年間約23万円)
厚生年金保険料:約3万1千円(年間約37万円)
(嫁さんは負担なし)

年間の所得税:約3万7千円
年間の住民税:約7万4千円

★年間の社会保険費・税金費用合計=約71万円

嫁さんに給料を払うと、世帯として24万円も得することになります。

だから早く結婚したい…。
いや、その前にこの収入じゃそもそも結婚厳しいだろう。
もっと稼がねば。