トーゴーサンピン(10-5-3-1)という言葉があります。
所得に関して、税務署側の補足率がサラリーマン10割、自営業5割、農業3割、政治家は1割、という意味です。
サラリーマンは税金を源泉徴収されるので、ほぼ規定通りの税金を徴収することができますが、自営業の場合は、自分で所得を申告して税金を収めるので、ごまかす余地が多分にあります。税務署の調査もありますが、零細企業ではほとんど調査が入らないともいわれており、結局税務署が徴収できる税金は本来の半分程度と言われています。
農業も自営業と同様の事情だと思われます。政治家に関する説明は省略します。

私は自営業に属しますが、確かに所得をごまかそうと思えばかなりごまかせるよなー、と思います。大して儲かってない1人株式会社に税務署の調査がそれほど頻繁に入ると思えないし、正直やってやろうかと思わなくもありません。

私は特に正義感が強かったり善良な人間ではありませんが、それでも脱税はしないでおこうと思います。
というのも、高い税金を払うのが嫌なら、はじめから株式会社にしてないからです。金だけが目的なら届けも出さず、モグリでやってます。ネットビジネスなので周囲にも目立たないのでバレる可能性も小さく、ビジネスの儲け=自分の儲け、とすることも可能だったと思います。

しかし、私は誇りが欲しかったのです。無職の頃は社会的は負担はほとんどなかったものの、自分は社会の底辺の日陰者と自己認識しており、自分に誇りが持てない状況でした。いまさらサラリーマンに戻るのも嫌(というか不可能)だったし、株式会社を設立して社長になることがこれまでの屈辱を晴らす最もよいアイデアでした。
なので、その社長を名乗る代金として税金を払おうと思っています。

ただし、将来ビジネスが傾いてきて、しかも扶養家族ができてたりするシビアな状況になったら、今のようにカッコをつけることができるでしょうか。
その時はあらためて悩むかもしれません。トーゴーサンピン、自営業は5割…。