個人事業とは異なり、株式会社では年に一回の決算書作成が欠かせませんが、これには高度な専門知識が必要であり、自分でやれなくもないらしいですが、相当な勉強が必要となります。独力で頑張って作成できても、それで本業が疎かになってしまっては本末転倒です。
実際のところ、会計事務所(税理士事務所)と契約して決算報告だけはやってもらう会社がほとんどだと思われます。

また、日々の記帳についても、簿記の知識のない人間にとってはしんどいです。最近は弥生会計などの会計ソフトによってずいぶんと楽になったと言われていますが、それでも初心者にはすぐにできるものでもないようです。
ある程度の会計の知識は社長になった以上は全く知らないというわけにも行かないでしょうが、それでもできるなら分かる人に任せたいところです。
そういうことで、記帳についても会計事務所に代行してもらうことができます。

ただし、零細企業にとって、これらの費用は馬鹿になりません。ネットで色々調べてみると、決算書作成と記帳代行をやってもらうと、小規模な会社の場合、年間10万円~40万円程度かかります。事務所によって料金はかなり違っており、下手すると税負担より重くなります。
私はネットで格安の会計事務所を探して、年10万円弱のところと契約しました。サービス内容は決算費用と帳簿記帳の代行です。基本的に私のやることは毎月領収書を会計事務所に送ることだけです。なお、直接税理士さんに会うことはありません。すべてメールと電話と郵便のやり取りだけで完結します。
まあしかし、年10万円弱はかなり安いです(と言っても零細企業にとってはそれでも重い負担ですが)。

ただし、料金が高めの会計事務所は経営診断等のコンサルタントも料金に含まれている場合もあるので、高いからダメ、というわけでもありません。サービス内容をよく確認して自分にあったところを選びましょう。また、格安のところは、サービス内容以外の相談は別料金になる場合もあるので、結局は高くなるという可能性もあります。

ところで、会社を登記して2週間ほどすると、不思議なことに会計事務所(税理士事務所)から勧誘の手紙が多数届きました。一体どこで住所がバレたのでしょうか。一応、中身を確認しましたが、どこも高額でした。ネットで調べたほうが安いところが見つかると思います。

>>税理士の無料紹介ならこちら『税理士紹介エージェント』