会社を設立したら税金を払わなくてはなりません。そのために会社を設立したことなどを税務署に届出ます。提出書類は会社の状況によって異なりますが、私の場合(零細1人株式会社)は以下のとおりでした。
・法人設立届出書
・給与支払事務所等の開設届出書
・青色申告承認申請書
・源泉所得税の納期の特例の承認に関する届出書
提出書類はすべて国税庁のHPでダウンロードできるので、自宅でプリントアウトして記入して持っていけます。
また、以上の4通は提出する前に控え(コピーをとっておきます)

さらに、以下の添付書類も必要です。
・定款のコピー
・履歴事項全部証明書
・株主名簿
・設立時の貸借対照表
以上です。履歴事項全部証明書は法務局で取得します。1通700円でした。
株主名簿と設立時の貸借対照表は特に決まった書式はありません。ネットで検索すればこれらの雛形はみつかりますし、作成は簡単です。

以上の様に、税務署には非常に多くの書類を提出しなくてはならず大変です。
さらに、会社の状況によっては以下の書類も必要になります。
・棚卸資産の評価方法の届出書
・減価償却資産の償却方法の届出書
・消費税の新設法人に該当する旨の届出書

こうなると、会社設立のための手続き匹敵するぐらい税務署提出書類の準備は手間のかかる作業になるかもしれません。

なお、税務署に書類を提出するときには職員の人が窓口で書類のチェックもしれくれましたし、青色申告の質問などにも答えてくれて、感じは良かったです。