saiaku会社設立について調べていて初めて知ったこと。

「社長は給料額を一年間変えられない」

特に1人株式会社の社長なら事業の利益から税金とか引いた残りすべてが給料というイメージでしたが、実際はそんなに甘くないです。
個人事業ならそれでよいのですが、株式会社だと期のはじめに報酬額(月給なり年俸)を決めたら、その期は基本的にその額を動かせません。期の途中で予想外に大きく儲けても自分の給料は増やせません。自分の働きがダイレクトに給料に反映されることが自営業のやりがいなのに、なんともつまらない約束事だと思います。

ここで補足というか正確に言うと、期の途中に臨時株主総会を開いて、報酬額の変更を決議すれば、報酬額を変更できます。しかし、その場合(報酬額を増額した場合)、その分の金額は会社の経費にならない、ということらしいです。

なお、社長の場合、ボーナス(賞与)に関しても不利な扱いを受けます。従業員と違って社長のボーナスは会社の経費になりません。だったらボーナスなんかいらないよ…。

つまり、このルールによって、期の途中で大儲けしても社長の給料は増えず、法人税だけガッポリとられるという結果になります。

ある程度業績が安定していて、今期の利益も予想できる会社なら、適度な社長報酬額を設定できるのですが、私のような出来たばかりの会社の社長なら3ヶ月先の業績すら不透明で、自分の給料をどれぐらいにしていいのかかなり悩みます。ベストは会社の利益から自分の給料を含めた経費をすべて差し引き、会社利益を0にして、法人税を0(法人住民税7万円のみ)にすることだと思うのですが(これは私の個人的な考え方です)、期の初めにそこまで予想するのは至難の業と言えるでしょう。

結局、1期目の自分の給料は現時点での会社の利益水準を元に決めました。この先順調に事業が成長すれば、今期の決算の後かなり法人税を払うことになるでしょうが、でもやっぱりこの先事業がダメになる不安もあるので強気な給料設定もできず…。

サラリーマンや個人事業者ならこんなことで悩まなくてすむのに、やっぱり社長はつらいよ。

<2016年6月追記>
給料額設定については今も悩みます。4期目は低く設定しすぎてがっぽりと法人税を取られました。これは本当に法改正して改善して欲しいです。