今回初めて確定申告したので記事にします。

うちは零細と言えど株式会社なので、私は自分の会社から給料をもらっているサラリーマンという扱いです。
そのため、個人事業主と違い、所得税の確定・調整に関しては確定申告ではなく年末調整で済んでました。

しかし、昨年は私が副業を始めたので給料受取りが2箇所になったことに加え、ふるさと納税をしたことからも確定申告をする必要が出てきました。

確定申告って面倒くさい、時間がかかるという話はよく聞くので、正直私もやりたくなかったのですが、おそらく納付した税金が戻ってくるはずなので、渋々やることにしました。

確定申告は税務署から記入用紙をもらって手書きで記入して税務署へ提出する方法がスタンダードかもしれませんが、e-taxを利用すればネット上で完結できるそうなので、もちろんe-taxでやりました。
私はこれまでずっと会社の税金関係でe-taxを使用していたので抵抗はありませんでした。

そしたら意外にあっさり終わりました。添付書類を郵送するとかもありません。完全にネット上で完結しました。
えっ、こんなんでいいの?と言うのが感想です。
かかった時間は1時間ぐらいでした。慣れたら30分ぐらいでできるはずです。

e-taxを利用するために必要な条件

ということで、確定申告にはe-taxを利用することをおすすめしますが、利用するにも条件があります。

●OSがwindows7、windows8.1,windows10
●ブラウザはインターネットエキスプローラー11
●アクロバットリーダーが使えること
●電子証明書を取得している
●ICカードリーダライタを持っている

個人的にはすべてクリアしていたので問題はありませんでしたが、人によってはここで諦めなければいけないかもしれません。
まず、windowsのみというならマックの人はどうするのでしょうか?
マックでもwindowsの環境を作り出してe-taxを使えるようにする技があるようですが、パソコンに詳しくない人なら難しいでしょう。

ブラウザもインターネットエキスプローラーって、今は全然主流じゃないですよね(私は今も使ってますが)。
ユーザビリティを考えたらMicrosoft Edge、Chrome、Firefoxも使えるようにするのは必須のはず。本当にここらへんはお役所っぽいですね。

電子証明書に関しては、私は元々e-taxを利用していたので取得していました。
電子証明書を取得したかったら、マイナンバーカードを市役所や区役所に持っていったら500円で手続きしてくれます。すぐできるはずです。

ICカードリーダライタは2千円ぐらいで売ってます。どこで売ってるかわからなかったので私はアマゾンで買いました(6年ぐらい前)。
↓ICカードリーダライタ。マイナンバーカードを挿入して使う。

ただ、以上の条件を揃えておけば、後は簡単です。

手元に源泉徴収票とふるさと納税の書類などを用意して、パソコン上に数字などを記入すればいいだけです。

なお、e-taxじゃなくて印刷して書面で提出することもできます。

最終的には平成29年の所得税額が算出されて、これまで源泉徴収された所得税との差額が戻ってきます(人によっては追加で払う)。

私の場合、6万円ほど戻ってくることになりました。1時間ほどの作業でこれだけの額が戻ってくるなんて、やっぱり確定申告はやるべきですね。
銀行口座番号も入力したので、後日振り込まれるでしょう。

以上、初めての確定申告の話でした。