hiyou株式会社を設立したいけど、費用が気になる方も多いと思います。
以前は資本金として1000万円を用意する必要がありましたが、平成18年の法改正により、資本金は最低1円でよくなったので、株式会社設立も随分と容易になりました。

設立費用は自分でやっても税理士事務所などの代行業者に頼んでも、21万円~25万円程度です。
現在では代行業者に頼んでも、手数料0円か、数千円程度で済む場合がほとんどです。
それなら頼んだほうがお得じゃないか?と思いますが、そういう場合は設立後の税理士顧問契約などとセットになっていることがほとんどなので、よく考えて依頼しましょう。
<参考:会社設立費用の内訳>
●登録免許税:15万円
●定款認証手数料:約52,000円
●定款印紙代:0円~4万円
●会社印鑑作成:数千円~

いずれにせよ、25万円程度の初期資金なら準備するのにそれほど苦労はしないと思います。
25万円払えば以前の私のような無職男でも即社長です!

ただし、株式会社には維持費がかかります。
会社が赤字でも、法人住民税7万円は必ず支払う必要があります。
また、株式会社は決算書をまとめる必要がありますが、自分でこれを作成することは困難なので、税理士に依頼することになります。安くても年10万円はかかります。

ただし、もし代表取締役社長という肩書きだけを目的に設立して事業を行わないなら、税理士に依頼しなくても少し調べれば決算書を独力で作成できると思います。

まとめれば、最初に25万円、その後1年ごとに7万円を支払えば、とりあえず社長で居続けることができます。無職、あるはフリーターだけど、どうしても社会的な肩書きが欲しいという人でもなんとか支払える額だと思いますが、割に合う投資かどうかはなんとも言えません。

一方で、株式会社ではなく合同会社なら設立費用が数万円で済みます。維持費は株式会社と変わりません。会社のトップの法的な名称は代表取締役ではなく代表社員になりますが、社内外で社長を名乗るのは個人の自由です。名刺を見せたら「合同会社って何?」という質問を何度もされると思いますが、それが気にならなければ合同会社もありだと思います。