今年も年末調整の時期がやってきました。
これで会社設立以来3回目ですが、1年ぶりなのでやりかたを覚えていません。
しかし、去年の記録が残っていたので、今年はスムーズに計算することができました。

今年の還付金は7,700円でした。
独身で扶養家族がおらず、生命保険などもかけてないので、控除は多くありません。その結果、還付金も少額でした。

<計算>
3,468,000円(今年の額面給与)→2,247,600円(控除後給与額)

2,247,600円-380,000円(基礎控除)-430,436円(社会保険料)=1,437,000円(課税所得・千円未満切り捨て)

1,437,000円×0.05(所得税率)×1.021(復興所得税)=73,300円(所得税額)

81,000円(源泉徴収額)-73,300円(所得税額)=7,700円(還付金)

もし、私に配偶者と子供が3人いれば、所得税額が0円で、源泉徴収額が全額戻ってくるのですが、残念です。将来は子沢山希望です!

<例>
1,437,000円(課税所得)-380,000円(配偶者控除)-380,000円×3(扶養親族控除)=-83,000円

あとは、給与所得の源泉徴収票等の法定調書(及び同合計表)もe-taxで提出しました。これも1年ぶりだったので戸惑いました。

また、住民税を払うのを忘れていて、期限を過ぎてしまっていたのですが、無事郵便局で支払うことができました。

これで年内にやるべき税務作業は終わりです。

安心して年が越せる…、という気分ではなく、売上が激減しているので必死に仕事してます。

2015年は飛躍ではなく生き残りをかけた戦いになります。税金や社会保険料を支払うためにも頑張らねば。