nonai
我が社は5月決算なので、毎年6月に株主総会をやることにしています。
あらためて書きますが、株主は私一人です。なので一人で株主総会をやります。
自分一人なのでやらなくてもいいや、と思いますが、法律上やらなければならないので仕方なくやります。

毎年のテーマは同じで、
「役員報酬額の決定」
のみです。

一人株式会社で一人株主会社では社長の給料は自分で決めなくてはいけません。
これ、結構大変なんですよ。

普通の会社員からすると、
「自分の給料を自由に決めれるなんて最高やんけ。超高額にしてやるぜ!」
と思うかもしれませんが、逆です。

超高額にしたら、社会保険料や税金も超高額になるので、私もそうですが低額に抑えたいと考える社長さんも少なくありません。
かと言って、低額過ぎると会社にお金が残りすぎて法人税が高額になるので、それもまた避けたい。
ここは悩みどころです。

さて、我社の株主総会では具体的に今月6月から来年5月までの月給を決めます。
何度も書いていますが、一度決めたら原則的に1年間は額を変更できません。

役員報酬額は向こう1年の業績予想を勘案して決めますが、毎月の売上の変動は激しく、はっきりとした業績予想は困難です。
結局、前回4期目は考えることを放棄して、3期目と同じ額に据え置きました。

結果的に4期目は売上が良く、結果的に役員報酬額は低すぎることになり、多額の法人税がかかってしまいました。

4期目(3期目も)は月給289,000円でした。

4期目の売上は1千3百万円程度だったので、会社の内部保留をしない方針なら、月給100万円ぐらいでもいいぐらいでした。
そんなのあくまで結果論で、はじめから予想するのは不可能でした。

さて、5期目は…。

悩ましい…。

正直、4期目と同じ売上を上げる自信はあまりなく、月給100万円なんて恐いことできません。
もし、月給100万円に設定して、5期目の売上が悪過ぎたら、無駄に高い社会保険料と税金を支払って会社が大赤字という可能性もあります。

かと言って、今年も据え置きはさすがに無理だし…

ぐぬぬ…

(3時間経過)

結局、考えた末に、月給は514,000円に決定しました。年収だと600万円超。社長の年収としてはまだ低いですが、アラフォーのおっさんの年収としたらまあまあぐらいですね。

この額は悪くても5期目は4期目の半分の売上(600~700万円程度)はあるだろう、という慎重な予想に基づきました。というか、ぶっちゃけ適当です。わからんから「エイヤ!」で決めました。

さて、この決定を株主総会に諮りたいと思います。

議長(自分)
「5期目の役員報酬額を514,000円にしたいのですが、よろしいでしょうか?」

株主(自分)
「異議なし!」

(↑アホらしいけど法的に必要な儀式)

ということで、514,000円となりました。

さあ、これで社会保険料と税金が激増するけど、ちゃんと払えるように今期も稼ぎます!